動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

急に強い不安に襲われる発作を繰り返す症状を特徴とする病気で、パニック症候群とも呼ばれています。これまでは不安神経症の一つと考えられていましたが、いくつもの症状がまとまって起きるため現在では独立した病気として扱われ1980年にパニック障害(パニック症候群)と命名されました。パニック障害を引き起こす原因な不明です。しかし心理的な不安から陥る心理的原因説は現在では疑問視されています。

今では脳内ノルアドレナリン系物質の過敏、過活動によるもの、あるいはセロトニン系物質の機能低下など脳機能異常説が有力視されています。これはノルアドレナリン系物質の抑制を促す薬やセロトニン系物質の分泌を促す薬の投薬によって症状が改善することで説明がつきます。またパニック障害の患者さんは乳酸、炭酸ガス、カフェインなどによって発作が誘発されやすいことが研究で解明されています。

また非特異的な要因として寝不足や過労、風邪などの身体的な悪条件や日常生活でのストレスが発作を誘発することも知られています。主な症状としては突然の激しい動悸、胸痛、息苦しさ、めまいなどを感じて死ぬかと思うほどの強い不安と恐怖に襲われます。一時は立って歩けなくなり心臓発作を疑われ病院に救急搬送されることもありますが、大抵の場合、搬送中に発作がおさまり、検査上も心臓には異常が見られずそのまま帰宅されることもあります。

しかし数日経つとまた発作を繰り返し、次第に予期不安や広場恐怖に発展していきます。症状が軽く一過性で治まることが多いのですが、発作を繰り返すうちに慢性化していく場合も見られ、そのうち恐怖のあまり一人で外出することが出来なくなり引きこもり状態になります。またパニック障害の患者さんの半数以上の人がうつ病を抱えていることがあると言われています。確定診断にはガイドラインに沿った問診で患者さんの症状の出方をチェックします。また発作を繰り返す頻度やいつごろから発作が起きるようになったかを聞き出して重症度を判定します。

身体的疾患が無いのがパニック障害の特徴ですが、念のために内科的なさまざまな検査を行い身体的疾患の可能性を除去していきます。治療には薬物療法と認知行動療法が行われます。通常まず抗不安剤や抗うつ薬を処方して発作を起こさないようにします。副作用も考慮に入れながら発作が起こらなくなるまでの十分な量を処方し、発作が起こらなくなっても1年近くは処方を続けます。薬の効果で不安が軽くなってきたら、これまで発作を引き起こす恐怖の対象だった外出や乗り物に少しずつ挑戦することで心を世の中に慣れさせるための訓練を行います。これを認知行動療法と呼びます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved