動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸の原因(心因性のもの)

心臓神経症

動悸、胸痛、息切れ、呼吸困難、めまいなど心臓病と良く似た症状を起こしているにも関わらず、心臓自体には何も異常が無い症状を心臓神経症と呼んでいます。これは心臓病というよりもむしろ精神的な疾患です。日頃から神経質な人や子供が成人して独り立ちし、時間に余裕が出来て自分の体調を気にするようになった女性、親しい人を心臓病で亡くしたために心臓病に対して敏感になっている人などに良く見受けられる症状です。

原因としてはストレス、過労、心臓病に対する極端な不安感などが考えられます。これらの要因は心臓の働きを活性化させる交感神経を刺激します。交感神経が刺激される事で心拍数が増え、動悸や息切れを感じるようになります。一度こうした症状を感じてしまうことで「自分は心臓病ではないのか?」と言う不安に陥り、ちょっとしたことでその不安が増大していき自己暗示をかけてしまい、胸痛、呼吸困難、めまいなどのより深刻な症状を感じてしまうのです。心臓神経症の患者さんの殆どが胸痛を訴えます。

しかもその症状が狭心症と似ているため精査をしてみても、心臓そのものには異常が見つかりません。しかし心臓神経症と狭心症では多くの違いが存在していることが分かります。狭心症の痛みが心臓付近の広い範囲でズキン!と差し込むような痛みなのに対して心臓神経症の痛みはズキズキとかチクチクとか表現される痛みで、痛みの範囲もごく狭い範囲に限定されています。気にするあまり痛むところを手で押さえると余計に痛みが増すのも心臓神経症の特徴です。

この痛みは運動しているときや興奮しているときではなく、一人でいる時や安静時に現れ、長時間続くこともあります。心臓病との判別の為に一般的な心臓病の検査を行います。それによって心臓病の有無を診断したあと胸膜の病気や食道痙攣、逆流性食道炎など胸痛の原因となる病気の評価を行います。消去法で胸痛をもたらす病気の存在が否定された段階で初めて心臓神経症と診断されます。

また胸痛発作を訴える患者さんで、狭心症との区別が付きにくいときはニトログリセリンを処方して、胸痛発作時に服用してもらい、薬の効き具合を見て狭心症との判別をすることもあります。治療法はカウンセリングがメインとなります。まずは症状が現れる仕組みを説明して患者さんに納得してもらうことが大切です。それでも症状が出てしまう場合はβ遮断剤や精神安定剤を処方することもありますが、同時に心療内科や精神科への受診をすすめます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved