動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸の原因(生活習慣病)

高血圧

高血圧症は原因が明らかなものとそうでないものとの2つに大別されます。原因が不明な高血圧を本態性高血圧といい高血圧症患者の90%以上を占めています。これに対して基礎疾患など血圧が上昇する原因が明らかなものを二次性高血圧症と呼んでいます。

本態性高血圧の原因は不明と言いましたが、遺伝的な要因、年齢、食生活(特に塩分や脂質の摂り過ぎ)、寒冷、肥満、ストレス、運動不足、喫煙などが血圧を上昇させていることは明らかです。そのために高血圧症は生活習慣病と言われています。

二次性高血圧の原因には甲状腺機能亢進症やバセドウ氏病のようなホルモン異常による病気、血管に異常がある病気、神経性の病気、腫瘍系の病気などがあります。本態性高血圧症の場合、急激に血圧が変動したときに自覚症状を覚えることが多いので安静時や初期には無症状であることが殆どです。急激に血圧が上昇したときには、頭痛、めまい、頭重感、肩こり、動悸、吐き気、手足のしびれ、ほてりなどの症状が出ます。

高血圧が慢性化すると徐々に血管障害が進行し、脳、心臓、腎臓などの大事な器官に障害を生じてしまいます。本態性高血圧症の場合は様々な原因が絡んでいるので、問診や検査によって原因を絞り込み、生活習慣の改善を指導しながら必要な薬を処方する治療法を行います。

使用される薬は利尿剤、血管拡張剤、交感神経抑制剤、レニンアンギオテンシン酵素阻害剤などです。一方二次性高血圧症の場合は原因となっている基礎疾患の治療がまず優先されます。そして基礎疾患の治療に悪影響を及ぼさない範囲で薬物治療を行っていきます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved