動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸の原因(生活習慣病)

低血圧

低血圧には慢性低血圧症、起立性低血圧症、急性低血圧症の3つに大別されます。更に慢性低血圧は体質性、本態性、症候性に細分され、起立性低血圧症は症候性と特発性に細分されます。

急性低血圧症は別名ショック症候群と呼ばれ、心臓病、大量出血、重症感染症、薬剤性ショックなどで急激に血圧が下がり危篤状態に陥る事を言います。最も一般的な低血圧症は慢性本態性低血圧症です。低血圧を引き起こすような基礎疾患や異常も無く、血圧だけが正常値よりも慢性的に低い状態を指します。

先天的な体質が原因と言われていますが、慢性体質性低血圧が血圧は低いものの無症状で通常の生活を送るのに支障が無いのに比べ慢性本態性低血圧症では体調によって症状が出ます。自覚できる症状は様々ですが、主に頭痛、めまい、肩こり、不眠、集中力散漫、動悸、息切れ、頻脈、不整脈、食欲不振、胃のもたれや不快感、便秘、下痢、胸焼けなどです。

症候性低血圧とは基礎疾患がありその病気が原因で血圧が低くなる病気です。低血圧を引き起こす病気には肺性心、心臓弁膜症、心筋梗塞、心筋炎、心筋症などの心臓病が殆どです。また甲状腺機能低下症など甲状腺ホルモンの働きが低下すると交感神経の刺激が弱まるため血圧が下がります。

また副腎皮質ホルモンの分泌が低下するアジソン病では食欲が落ちてやせこけていくため次第に低血圧やめまいなどの症状を呈することがあります。また極端なダイエットの影響で栄養障害を生じた場合もアジソン病と同様低血圧を引き起こす可能性があります。自覚症状は本態性低血圧症と同様です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved