動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸について

生理的な動悸

動悸は必ずしも病気が原因となっているとは限らず、生理的な状態でも起きる可能性があります。生理的な状態とは緊張しているときや、興奮しているとき、運動の前後、驚いたとき、恋をしているとき、などです。

このような生理的な動悸は病気ではありませんので心配することはありません。中には動悸を感じたことを過敏に不安がりそれが原因で更に鼓動を増幅させる場合がありますが、こようなときは心因性の動悸を疑う必要があるかもしれません。心臓は1分間に60~70回鼓動をします。それが運動をしたりするとすぐに120回ほどまで跳ね上がります。

いわゆる胸がドキドキする状態ですね。これは脈が速くなるタイプの動悸ですが、逆に脈が遅くなった時に感じる動悸もあります。心臓の鼓動が遅いのに何故動悸を感じるのでしょうか?それは鼓動が遅くなると一回の鼓動のリズムが大きく感じられるからです。びっくりした瞬間のドキ!っとするような動悸がそれです。

またコーヒーや緑茶などカフェインを含む飲み物を沢山飲むような人は動悸を感じやすくなります。これはカフェインに含まれる興奮物質の影響です。このように健康な人でも日常生活で動悸を感じるケースは結構あるものなので、たいていの動悸は心配するに及ばないものなのですが、脈が不規則に打つようなことを何度も感じたり、何もない状態で動悸を感じる場合は注意が必要です。

動悸を感じるときの脈の打ち方を不整脈と言うのですが、一般的な不整脈の場合は規則的な脈動の中で時々1~2回脈が抜けるように感じることがあります。これは殆ど心配の要らない不整脈だと言われていますが、頻繁に起こるようなら念のために病院で相談しましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved