動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸について

動悸とめまい

動悸とめまいは、非常に関連の深い症状です。動悸の症状が見られる人のほとんどに、めまいの症状がみられるとされています。

めまいは、急に立ち上がった時など目がまわるように感じるなどの症状で、比較的日常で発生しやすい症状です。めまいが発生すると、足もとの地面が回転しているような感覚に陥り、目の前が真っ暗になってしまったり、場合によっては激しい頭痛も発生するとされています。

しばらく安静にしていれば回復する事が多いですが、めまいにも恐ろしい病気が隠れている可能性画あります。めまいが発生する原因として、三半規管という身体のバランスを調節している器官に、何らかの異常が発生することで、脳が異常信号を受け取り、めまいを感じるとされています。このように、めまいは耳の異常や脳の異常が関係している場合もあるのですが、血行の異常がめまいを引き起こしている可能性も考えられます。

このようなめまいの症状は、椎骨脳低動脈循環不全症と言われますが、脳の内の動脈が詰まったりする事で、脳が酸素と栄養不足になってめまいが生じますが血管が詰まっていることで、血圧が高くなってしまい、動悸が生じる事があるとされています。

また、不整脈が発生している場合も、動悸の症状に伴ってめまいの症状が現れやすいとされています。めまいは割と頻繁に現れる症状なので、あまり重要に考えない人が多いですが、不整脈が癖になって慢性化すると、ペースメーカーを使用して生活しなくてはならなくなるので、動悸とめまいの症状があらわれた場合は、早めに原因を検査して貰いましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved