動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

徐脈頻脈症候群

洞不全(どうふぜん)症候群と呼ばれる心臓病の一つです。右心房(うしんぼう)の壁と上大静脈の境目にある三日月状の洞結節(どうけっせつ)と呼ばれる器官の機能低下に加え、様々な発作性上室性頻脈(ほっさせいじょうしつせいひんみゃく)が合併する病気です。その頻脈が停止した後に続いて高度の洞停止が発生します。

合併する上室性頻脈の90%以上が心房細動です。洞不全症候群の場合心房自体の病的な変化もあるので心房性頻脈が発生しやすくなります。その他の頻脈として発生するのが心房粗動(しんぼうそどう)と発作性上室性頻脈です。

いずれの場合も心房の動きが速い興奮状態で、その刺激が洞結節に到達することで洞結節の自発的な興奮を一時的に強く抑えてしまうために頻脈が治まった後も洞停止が継続してしまいます。典型的な症状としてはまず動悸が先行して発生し、洞停止が長引くとアダムス・ストークス発作を起こし失神してしまいます。確定診断にはホルター型心電図が決め手となります。

心房細動などの頻脈性不整脈が先行し、それが停止した状態から次いで長い心停止が記録でき、更にその時に脳の乏血(ぼうけつ)症状が記録できていれば確定診断に至ります。電気生理学的検査では合併した可能性の高い上室性頻脈を意図的に誘発することが可能なため、その頻脈自体の重症度を評価することが出来ます。頻脈発生と洞停止が連続して起こる上に発作の時間が不規則なため内服薬での治療は困難となります。

したがって症状が強い場合はペースメーカーを埋め込んだ後に頻脈に対する薬物治療を行います。脈が一定しないことが継続的に続く場合は徐脈頻脈症候群の可能性があります。心当たりがある人は循環器の専門医の診察を受けましょう。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved