動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

心筋炎

コクサッキーやエコーウィルスなどの病原微生物による感染が主な原因で発症する病気です。心筋自体に感染した炎症細胞の浸潤が起こる病態のことを指します。急性心筋梗塞による心筋壊死は心筋炎とは区別して考えられるのが一般的です。感染による病気のため多くは急性心筋炎として発症しますが、まれに慢性の経過をたどるケースもあり、これを慢性心筋炎と言います。

主な原因は冒頭で記載した細菌やウィルスによるものですが、原因不明の特発性心筋炎や膠原病などの全身疾患に伴う合併症として発症する場合もあり、薬物や放射線に被曝することで起こることもあります。急性心筋炎の場合は風邪と良く似た症状が出ます。したがって風邪と診断を見誤って重症化することも多いやっかいな病気です。軽度の心筋炎では動悸や胸部の不快感などが主な症状です。心膜炎を併発しやすい病気で合併すると激しい胸の痛みがあらわれます。

重症化すると急性心不全、血圧低下、意識障害などのショック状態を示し、重篤な不整脈によって失神したり心停止を引き起こしたり、時に突然死の原因になる恐ろしい病気です。問診では風邪との症状の違いが見分けのつきにくい病気です。血液検査ではCRP上昇、赤血球沈降速度亢進、白血球数増多などの炎症所見や、クレアチンフォスフォキナーゼなど心筋逸脱酵素(しんきんいつだつこうそ)の値の上昇などが見られます。

心電図変化は多彩で比較的短期間で波形の乱れを繰り返すので注意が必要です。重症化した場合は高度房室ブロック、心室頻拍など様々なタイプの不整脈を起こします。心エコーでは壁運動異常の悪化、寝室壁腫大、心膜液貯留など様々な異常が判別できます。急性心筋梗塞との判別の為に冠動脈造影と心筋生検(心筋の組織を一部採取して検査する)が行われます。心筋生検は出来るだけ早く行ったほうが精度があがるとされています。

治療は入院して心臓の状態をモニターしながら抗不整脈剤の投与を行い、直流除細動を行います。完全房室ブロックなどの徐脈性(じょみゃくせい)不整脈を起こしている場合には対外式ペースメーカーを挿入することもあります。患者さんの半数近くが何かしらの心異常を抱えてしまいますが大部分は心電図異常など日常生活には支障のない軽微なものです。しかし中には重度の心機能障害を抱えてしまうこともあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved