動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

心臓弁膜症

心臓には僧帽弁(そうぼうべん)、三尖弁(さんせんべん)、大動脈弁(だいどうみゃくべん)、肺動脈弁(はいどうみゃくべん)という4つの大きな弁があります。それぞれの弁の働きは部屋のドアと同じだと思っていただければよいでしょう。心臓の弁は一定方向にのみ開閉を繰り返します。開いたときは血液は同じ方向に流れ、次に閉じて今流れていった血液の逆流を防ぎます。

このように心臓の弁には血液を効率よく循環させるための大切な働きを担っています。なんらかの原因でこの心臓の弁が正常に働かなくなる病気が心臓弁膜症です。心臓弁膜症には弁が十分に開かなくなることで血流量が減少してしまう狭窄症と、きちんと閉じなくなってしまうために血液が逆流してしまう閉鎖不全症、そしてこの両方が同時に起きている狭窄症兼閉鎖不全症があります。

4つのうちどの弁に関しても弁膜症は起こる可能性がありますが、最も発症頻度の高いのが僧帽弁と大動脈弁です。また二つ以上の弁が同時に弁膜症を起こすこともあり、これを連合弁膜症と呼びます。心臓弁膜症の原因には先天性のものと後天性のものがあります。先天性のものは遺伝子の異常という事以外詳しい原因は分かっていません。後天性のものにはリウマチ熱が原因で起こるリウマチ性心臓弁膜症があります。同じリウマチでも関節リウマチとは別の疾患です。リウマチ熱は 溶連菌という細菌感染が原因で起こります。最近ではペニシリン系抗菌剤が進歩してきたのでリウマチ熱そのものの発症率が減っています。

したがってリウマチ熱が原因の心臓弁膜症も減ってきているのですが、それ以外にも後天性の心臓弁膜症が起こることがあります。こちらについては原因は不明ですが、ストレスが関与していると考えられています。症状は個々の弁膜症について特徴的な症状がありますが共通するのが不整脈と心不全、胸水貯留、浮腫(むくみ)です。確定診断には心エコー検査を行いますが稀に狭心症や心筋梗塞時に行われる心臓カテーテル法を用いることもあります。軽度の弁膜症の場合はジキタリス製剤と利尿剤を中心とした薬物による内科的治療がメインとなります。

胸水や浮腫が酷いときには入院をして静脈注射やカテコラミン製剤の点滴治療が行われます。手術は弁を人工のものに置き換える弁置換術が行われます。人工弁には動物由来(主に豚)の生体弁と機械弁とがあります。どちらも一長一短がありますので、手術の際は執刀医からのインフォームドコンセントをきちんと聞き、分からないこと、不安に思うことは遠慮せずに聞いてちゃんと理解してから手術に臨んでください。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved