動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

心不全

心臓は全身に血液を送り出すポンプです。心臓のポンプとしての働きが著しく低下して全身に血液が十分に送れなくなる状態を心不全と呼びます。血液が滞る状態を別にうっ血と呼びます。心臓のポンプ機能のうち、肺から血液を吸い上げる機能が低下して肺にうっ血を引き起こすと肺胞の中には液体が染み出して溜まってしまい、酸素交換が出来なくなることから呼吸困難に陥ります。

また全身に血液を送り出す力が弱まってしまうので唇や皮膚が紫色になるチアノーゼを起こします。また肺うっ血が原因で気管支が圧迫され喘息のような喘鳴音が聞こえる心臓喘息を発症します。これらの症状で血流不全が起こり血圧が低下した状態は心原性ショックと呼ばれ適切な治療を行わないと命に関わる危険な状態です。心不全の原因として最も多いのが急性心筋梗塞や不安定狭心症などの虚血性心疾患と呼ばれる病気です。

その他の原因としては心臓病全般、虚血性脳疾患、悪性腫瘍、高血圧性心疾患、甲状腺機能亢進症などがあります。急性心筋梗塞の場合は突然心不全を発症しますが、それ以外の病気の場合、慢性的に心不全の状態(慢性心不全)から急速に悪化する慢性心不全急製増悪と呼ばれる状態に陥ります。慢性心不全急性増悪を誘引する因子として風邪などの感染症、不整脈、ストレス、薬の飲み忘れ、暴飲暴食、甲状腺機能亢進症、貧血、悪性腫瘍、妊娠などがあります。症状としては激しい呼吸困難と同時に咳や痰がでます。

痰は泡のような状態で時々ピンク色になることがあります。心不全による呼吸困難の応急処置としては上体を起こした半座位をとる事です。仰臥位(ぎょうがい)(あおむけ)では心臓を圧迫するため症状が却って悪化してしまいます。急性心不全では一刻を争うため診断と治療とが同時進行となります。まず行われる検査は胸部レントゲン撮影と心電図、心エコーで、点滴のルートから採血して血液検査を行います。

治療では半座位をとらせた上で酸素吸入を開始し、利尿剤、血管拡張剤、強心剤を投与します。自発呼吸が認められない場合には気管切開を行い気管内挿管をして人工呼吸を行います。利尿とともに血圧が下がり呼吸が楽になります。これらと平行して心筋梗塞や不整脈に対する治療も行います。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved