動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

心房細動

心房細動とは心房が1分間に450~600回という頻度で不規則に興奮し、その時生じる興奮波が房室結節へ無節操に伝達されるために、心室興奮が確実に不規則となる不整脈です。これは心房細動が絶対性不整脈と呼ばれるいわれでもあります。房室結節の伝導が頻回に起こるなら心室の応答数は多くなり不規則な頻拍となります。

それが理由で心房細動が始まるときに強い動悸と胸部違和感を覚えます。症状の源は不規則な脈拍と頻拍という事になります。心房細動は期外収縮に次いで起こりやすい頻脈性(ひんみゃくせい)不整脈と言われています。高齢者になるほど発症する確率は高くなります。心房細動が起こっても原因を除去すると心房細動が起こらなくなる一過性心房細動、自然に止まるけれども再発を繰り返す発作性心房細動、電気ショックや抗不整脈の投与で元の洞調律にもどる持続性心房細動、電気ショックや抗不整脈薬でも洞旋律が戻らない永続性心房細動とに分類されます。

また持続性心房細動の一部と永続性心房細動をあわせて慢性心房細動と呼びます。心房細動は心臓に基礎疾患があって心房に負担がかかっている場合の他には呼吸器疾患、甲状腺疾患などに合併して起こる場合と基礎疾患のない患者さんにも起こります。高血圧性の基礎疾患がないうえに明らかな原疾患が確認できない心房細動のことを孤立性心房細動と呼びます。

孤立性心房細動は心房細動全体の15%程度だと言われています。心房細動を起こす直接的な原因は心房内を不規則に興奮が旋廻するリエントリーだと考えられてきましたが、心房細動の多くは肺静脈を起源とする期外収縮が引き金となっていることが明らかにされました。確定診断には多くの心臓病と同様、心電図を基本として血液生化学的検査、心エコー、12誘導心電図、胸部レントゲン、ホルター型心電図などが用いられます。

治療には薬物療法と非薬物療法があります。心房細動に使う抗不整脈薬は16種類以上あり、症状によって処方されます。また非薬物療法にはカテーテル・アブレーションという電気的興奮を遮断する方法を用いることで根治出来ますが成功率は75%程度だと言われています。また心房を迷路のように区切って心房細動の興奮波を遮断するメイズ手術が行われる場合もあります。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved