動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

心房粗動

心房粗動とは主に右心房内を電気的興奮が大きく旋回する頻拍(1分間に240~450回)のことです。興奮波が右心房自由壁を上行、右心房中隔を下行しながら解剖学的狭部を伝導遅延部位として通過する頻拍を通常型心房粗動と呼びます。

心電図上で心房興奮回数が240/分以上あり、心房興奮は明らかに規則正しい状態でも、心房興奮波の間に基線があり、小刻みに波打つのこごりの歯の様な波形を示す鋸歯状波が見受けられない場合には、稀有(けう)型あるいは非通常型心房粗動と言われています。これは通常型心房粗動の回路以外を興奮波が旋回していることが考えられます。

一般に心房粗動は1分間で300回の興奮回数を示します。通常型心房粗動は心臓に器質的心疾患が無くても発症します。稀有型心房粗動の場合は心臓手術を受けた人に見られることが多いのが特徴的です。これは手術に伴う切開創の周囲を興奮波が旋回するためです。心房粗動の一般的な症状は突然始まり、長時間続きます。自然に止まることもありますが、多くの場合自然には止まらないことが多く、直流通電による電気ショックで止める必要があります。

具体的な症状が動悸がする、胸部に違和感がある、胸が躍るような感じがする、胸が痛むなどです。確定診断には心電図、12誘導心電図、心臓電気生理学的検査が必要です。特に通常型心房粗動は12誘導心電図が心房興奮が鋸歯状波を示していることで確定診断が可能です。

心房粗動を速やかに止めるためには直流通電による電気ショックを与えます。これで90%以上の確率で停止します。予防にはナトリウムチャネル遮断薬の投与を行います。なおナトリウムチャネル遮断薬群の心房粗動予防率は約70%程度と言われています。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved