動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

発作性上室性頻拍

突然脈拍が速くなり、それがしばらく続いたと思ったら突然止まる頻拍で、心房あるいは房室接合部と呼ばれる心室以外の組織が頻拍に関わっている病態のことです。突然現れては突然止まる頻拍は一般にリエントリー(回帰興奮、または回帰収縮)によって起こるとされています。発作性上室性頻拍には4つの種類があります。WPW症候群による房室回帰性頻拍、房室結節エントリー性頻拍、心房内リエントリー性頻拍、洞結節(どうけつせつ)リエントリー性頻拍です。

リエントリーとは刺激伝道回路に由来するもので、ゆっくりと興奮が伝わる伝導路と速く興奮が伝わる伝導路とがあり、両端で双方の伝導路が合わさっています。この状態で一般の状態だと伝導の速い伝導路は不応期が長く、伝導の遅い伝導路は不応期が短いのが通常です。この二つの伝導路の一方が伝導速度が速いけれど不応期は長く、もう一方は伝導速度が遅いけれども不応期は短いという条件が成立するとリエントリーが生じます。

発作性上室性頻拍は突然生じてしばらく継続した後、突然止まる動悸や胸部の違和感として感じられます。頻拍が生じていないときは無症状で心電図などでも異常を指摘されることはありません。しかし一旦発作を起こして頻拍が長時間続くと、心機能が低下し、うっ血性心不全を引き起こすことがあります。確定診断には発作時の心電図が有効で、更に心臓の電気生理学的検査が必要になります。

この検査によって頻拍を意図的に誘発させたり停止させたりが可能であり、頻拍中の心房波と心室波の関係を把握することが出来るのです。発作性上室性頻拍の治療には頻拍を停止させる治療と頻拍の予防とに分けて考えると良いでしょう。発作性上室性頻拍は房室回帰性頻拍と房室結節リエントリー性頻拍が全体の約90%を占めます。

どちらとも房室結節が頻拍の回路に含まれているので、房室結節の伝導を抑制すると頻拍は止めることが出来るし、予防も可能なのです。具体的な治療には薬物療法と非薬物療法が行われます。薬物療法にはカルシウムチャネル遮断薬、β遮断薬、ジキタリス製剤、ATP製剤などが用いられます。一方非薬物療法としては直流通電による電気ショック療法が用いられます。これは確実に発作性上室性頻拍を止める方法です。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved