動悸について

そもそも動悸とは?

生理的な動悸

動悸とめまい

動悸と息切れ

妊娠

動悸の原因(心因性のもの)

パニック障害

過換気症候群

心臓神経症

不安神経症

動悸の原因(生活習慣病)

COPD

高血圧

低血圧

糖尿病

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

拡張型心筋症

期外収縮

徐脈頻脈症候群

心筋炎

心臓弁膜症

心不全

心房細動

心房粗動

発作性上室性頻拍

肥大型心筋症

房室ブロック

動悸に関連する病気(心臓以外の病気)

褐色細胞腫

更年期障害

甲状腺機能亢進症

低血糖症

鉄欠乏性貧血

慢性骨髄性白血病

動悸に注意!

動悸に関連する病気(心臓に関する病気)

房室ブロック

ブロックとは神経の刺激伝達システムのどこかに異常が生じ、伝達時間の狂いや途絶が起こる状態を言います。房室ブロックとは心臓の刺激伝達システムに異常が生じた病態で、心室に起きた興奮が通常よりも遅れて伝達されたり欠落してしまい、その結果として脈が遅くなります。突然起こる房室ブロックの原因としては心筋梗塞、異型狭心症、心筋炎などの心臓病、β遮断薬などによる薬剤性のもの、高カリウム血症、過度の迷走神経亢進状態などがあります。

一方慢性、あるいは再発性の房室ブロックの原因としては冠動脈疾患、心筋症、心サルコイドーシス、膠原病、先天性のブロックなどがあげられます。ブロックは症状によって持続的に起こる場合と時々起こるもの(一過性、間欠性)とがあります。一過性や間欠性の場合には房室ブロックが発症したときのみに除脈となります。

持続性房室ブロックでは出現回数の程度によって症状も様々ですが、除脈の持続が原因で動悸や息切れ、浮腫が生じ、心不全に至ることもあります。持続性房室ブロックの確定診断には心電図が用いられ、波形から3つのタイプに大別されます。心房から心室への伝道時間が病的に長い第1度ブロック、心房から心室への刺激の一部が心室へと伝わらなくなる第2度ブロック、心房から心室への伝道が完全に遮断されてしまう第3度ブロックです。

一過性や間欠性の房室ブロックの場合長時間の波形を記録する必要があるためホルター型心電図を用います。電気生理学的検査では刺激伝達システムのどこで房室ブロックがおきているかを判定できるため重症度の判定に有効です。治療方法は原因があきらかな房室ブロックはその原因となる病気の治療を行うことで改善します。アダムスストークス症候群など緊急に治療が必要な場合、一時的に体外から心臓に電気的な刺激を与える体外ペーシングが確実です。

これは静脈から電極カテーテルを右心室に導入し1分間に60回以上刺激を加えます。一般的には第1度ブロックの場合は治療は不要だといわれています。第2度、第3度ブロックで脳に虚血性症状が認められる場合は脈拍数を増やす治療が必要となります。徐脈が続く場合には恒久的にペースメーカーを埋め込みます。

スポンサードリンク

Copyright (C) 動悸に注意! All Rights Reserved